文章で気持ちを伝える方法

ヤドカリの恋愛

「好きな人に私の気持ちを伝えるためには、いったいどうすればよいの!?」といった悩みを今まさに抱えている人も少なくないことでしょう。

今回は、文章で気持ちを伝えるテクニックをご紹介します。

文章で伝えるのは面と向かって伝えるのより難しい

気持ちが一番伝わりやすいのは、相手に面と向かって話す方法でしょう。

顔が見える、声も聞こえる、さらに全身の振る舞いから気持ちの強さが伝わりますから、これ以上インパクトのある方法はないはず。

会話

しかし相手にそれらをすべてさらけ出すのはかなり勇気がいるもの。ゆえに文章(手紙やSNS)や電話などを用いる人が多いのですが、伝わりきらない部分も多いのが難点です。

例えば日頃文章をあまり書かない人がいきなりラブレターを書こうと意気込んでも、何をどう書いていいのかわからずに悩んでしまうことでしょう。

中にはあたりさわりのない文章を用いてみたり、思いつく言葉をなんとなく並べたりするかもしれません。

しかしこれでは気持ちがこもっていないばかりか、どこにでもあるようなつまらない文章に仕上がってしまいます。

こうなると受け取ったほうも心が揺さぶられることはなく、返事に困ってしまうことでしょう。

気持ちを素直に言葉にしてみる

自分の気持ちや考えは、黙って何もしなければ他人にはわかりません。

今はインターネットを使い遠くの人と交流をするのも当たり前の時代ですから、文章で気持ちを表現できなければ、対人関係に影響することもあります。

文章がうまく書けないときは、直接話すような気持ちで素直に言葉を文章にしてみましょう。

キーボード

よくあるのが、直接話すときはフレンドリーな口調なのに、文章になるといきなり片言の丁寧語になるパターンです。

これは文章を書くという作業で緊張してしまっている証拠。気持ちを素直に伝えるためには話し言葉でいいので、そのまま文章に起こしてみましょう。

目を閉じて相手が目の前にいるのを想像しながら書いてみるのもいいですね。

セールスレターはちょっぴり上から目線で!? 「気持ちが届く」レターの作り方

2015.04.17

書くことでしか伝わらないものがある

文章は奥が深く、書くことでしか伝わらない気持ちもあります。

文章には視覚的情報が不足しているため、読んだ人が状況を想像したり連想したりしやすいことも関係しています。

例として小説とテレビドラマを比較するとわかりやすいでしょう。読む人によって文章のとらえ方が違うからこそ、奥が深くやりがいもあるのです。

ただ、本当に気持ちを伝えたいと思っている人の文章は、読んでいるとわかるものです。それくらい言葉のひとつひとつに熱意がこもっているのですね。

スマホ

特に最近は、手紙よりもメールやLINEといった方法を用いるのが一般的です。

特にLINEは相手とのやり取りに一定の間ができることもあれば、ほぼリアルタイムなやり取りが行われることも。

相手の読むタイミングに合わせて言葉を上手に使い分けると、より気持ちが伝わりやすくなることでしょう。

インターネットの普及により、現代人は文章でやり取りをする機会が意外に多いといえます。ぜひ積極的に文章を書いて、自分の気持ちを伝えられるようになってみましょう!