エアコンは使わない! 冬の執筆に欠かせないあったかグッズ・4選

パグ

冬場の執筆、皆さんはエアコンを使っていますか? 私はエアコンは使っていません。

レイアウト上、パソコンの真上にエアコンがあるので、暖房をつけると頭がボーッとしてしまうからです。

そんな「エアコンを使わない」冬の時期の執筆で、とても役に立っているあったかグッズをご紹介します。

足の冷えない不思議なくつ下&もこもこルームシューズ

冷え性の私にとって、冬場の執筆で一番困るのが「足元の冷え」です。ベランダと並行してパソコンが置いてあるので、外からの冷気が足元に直撃します。

そのため、エアコンは使わないですが足元を暖める小さなファンヒーターは付けています。

「頭寒足熱」と言われているように、頭よりも足元を暖めた方が記事の執筆もはかどります。

そんな「すぐに冷たくなる」冷え性の足先を暖めてくれるのが、「桐灰」というメーカーから出ている「足の冷えない不思議なくつ下」です。

ソックス

ちょっと見にくくて申し訳ないのですが、丈はレギュラー丈で普通の靴下と同じです。

この靴下には断熱エアヒート素材が使われていて、熱を逃がさないようになっています。

寝るときはさすがに脱ぎますが、朝起きたときやシャワーを浴びた後などにすぐに履くと、足元がポカポカでとても快適です。

薄手タイプや厚手タイプ、丈もハイソックスタイプなどが出ているので、自分の好みに合ったタイプを選ぶことができるのも嬉しいところです。

そんな優秀な「足の冷えない不思議なくつ下」ですが、これだけだとさすがに冷えてしまいます。

そこで重ね履きしているのが、モコモコのルームシューズです。

ルームシューズ

わかりにくいかもしれませんが、このルームシューズの最大の利点は足首までカバーされていることです。

冬用のもこもこしたルームシューズはたくさんありますが、足首までカバーしてくれるものはなかなかありません。

素材はフリースのような素材で出来ているので、熱が逃げにくく、桐灰のくつ下の上に重ね履きすれば暖かさもかなりアップします。

ユニクロの大型店舗で何年か前に買ったものなのですが、もしかしたら今では取り扱いがないかもしれません。

足先の冷えにお悩みの方には、ぜひ使ってもらいたいグッズです!

公式サイト:桐灰

指先には「指なし手袋」

足先と同じくらい冷えるのが「手元」です。エアコンを使わないので部屋の空気も冷たく、小さなファンヒーターでは足元しかカバーできません。

そんな冷える手元を冷気から守っているのが、100円ショップで買った「指なし手袋」です。

手袋

手が冷たいからといって普通の手袋をしていたら、キーボードを打てないので困りますよね。

でもこのような指なし手袋なら、指先が自由に使えるので執筆にも影響がありません。

指なし手袋って普段はなかなか使い道がありませんが、家の中で使うととても快適です。

薄い手袋一つですが、あるとないのとでは大違いです。手元が冷えるとキーボードを打つのも大変なので、冬の執筆には欠かせないグッズになっています。

首元には「スヌード」

冬場の執筆で一番冷えるのは足元ですが、それなりの防寒対策をしているので快適です。

でもエアコンを使わないと、意外と冷えるのが「首元」です。

上は何重にも着こんで執筆していますが、どうしても首元がスースーしてしまいます。

そんなときに使っているのが、厚手のスヌードです。

スヌード

スヌードはマフラーと違って円形に繋がっているので、マフラーを巻いた端っこが落ちてくるということもありません。

この厚手のスヌードを二重にして首に巻けば、上半身の寒さが嘘のようにやわらぎます。ものすごく暖かいので手放せません。

体を暖めるには「手首」「足首」「首」の三つを暖めるのが効果的だと言われていますが、本当にその通りだと実感します。

このスヌードは厚手すぎて、出かけるときには使いづらくて持て余していましたが、意外なところで役に立っています。

まとめ

「エアコンを使わない」という環境で、冬場の執筆に役立っているあったかグッズについてご紹介しました。

部屋のレイアウトの問題もあるのですが、どうしても冷えてしまうのが足元なので、これらのグッズが大活躍しています。

冷え性に悩んでいる方にも、自信を持っておすすめしたいあったかグッズです!