斬新な宣伝方法で知名度アップを図る方法

SNS

従来からある一般的な宣伝方法と言えば、広告費を使ってチラシを作ったり、本に広告を載せたり、テレビCMを流したりというものがあります。

しかしネットが普及したことで従来よりも安価でかつ効率の良い宣伝方法も増えてきました。

今回は斬新なテクニックを使って知名度を上げる方法をご紹介します。

売り込む前にまずは「知ってもらう」

パソコン

情報化社会の今では、多くの人が興味を持ちそうな情報を発信することが知名度アップのカギになります。

小さな会社では多くの広告費を使うことはできませんが、アイディアが斬新であればSNSで一気に拡散して、大幅な売上アップも見込めるのです。

売り込むことだけをアピールしているような宣伝方法では面白みに欠けるため、ネット上では注目されることはありません。

むしろ「大胆な宣伝方法だな」「そんなやり方で売れるの?」とユーザーが関心を持つようなやり方のほうが確実に知名度をアップし、売り上げにつながっていくのです。
 

文章を書くのは同じだけど、報酬体系は? ブロガーとライターの違いを徹底検証!

2016.03.23

他の人がやっていない方法を取り入れる

Twitter

斬新さが知名度アップにつながる理由は、SNSの普及にあります。まず自身のTwitterを利用し情報を広く配信しましょう。

文字量が限られますから、短文でインパクトある内容に仕上げて拡散を狙います。今まで見たことのあるような宣伝方法ではなく、他の人がやっていないようなものを取り入れてみましょう。

うまく拡散できれば、サイトアクセス数が一気に上がることもありますから、成功したか失敗したかがすぐに判断できます。

アフィリエイト記事~一つの商品を売るために、手の込んだ情報サイトを

2015.06.04

やりすぎは悪い評判につながる

パソコン

知名度は良い意味でも悪い意味でも上がる可能性があります。

さらに皮肉なことに、記事で興味を持たれるものは、良い話よりも悪い話の方が圧倒的に多いのです。

ワイドショーネタや週刊誌の話題にこういったものが多いのもそれが理由。売上アップを狙おうとするとグレーゾーンとも言えそうなきわどいネタばかりになってしまい、知名度は上がっても信頼を落とす可能性も高まってくるのです。

知名度は後々でも上げることはできますが、一度失った信頼を取り戻すのはかなり苦労を強いられます。

宣伝方法に斬新さを取り入れる場合もやりすぎに注意し、ユーザーの反感を買うようなやり方は避けるようにしましょう。

うまくSNSで知名度が上がれば、サイト情報が記事にされて紹介される可能性も高くなります。ぜひあなた独自の宣伝方法を考えて、知名度アップ・売上アップを狙ってみましょう。