文章を書くことの難しさを考える

文章は書くことで初めてその奥深さと難しさを感じるものです。誰でもできることではありますが、作文やレポートなどの課題を与えられて煮詰まってしまうのは、まさに難しさに悩まされている証拠。今回はその難しさの理由や解決方法に迫ってみました。

文章を扱う人ほど難しさを感じやすい

近年ではSNSなどの普及により文章を扱う機会も増えていますが、一般の人が趣味の延長で使うような場合は内容も日常会話に似たようなライトなものが多く、それほど書くことに苦労を強いられることはありません。一方、ビジネス目的で文章を扱っている人は一語でも不適切な表現があればトラブルになりかねないため、かなり気を使うことも。たとえ同じ内容の文章を扱う場合でも、自分の立ち位置によって文章の難易度は上がってしまうのです。

文章もアイディアも浮かばない! これが噂の「ライターズ・ブロック」?

2016.03.25

文章は読ませるために書く

情報化社会となった今では、必要のない文章も必要な文章も大量に存在しています。自分が良い文章だと思っているものも、他人にとっては大したことはないというものもあるでしょう。短い文章であっても非常に重要な場合もありますし、長い文章であっても内容はほとんど無く、重要ではない場合もあります。書く側が必死に頑張って書いた内容であっても、読む側にとっては読む価値がないと判断されるようなことだってあるでしょう。文章は「読ませるために書く」ものですから、読む側の気持ちになって書かなければいけません。常に他人を意識しなければならないことが、書くことが難しいと感じる原因でもあるのです。

知られざるライターの本音……苦手なテーマの依頼がきたとき

2015.04.18

自分で書いた文章は、後々必ず自分で読んでみる

文章が求められる場合というのは、何か理由があるはず。その理由に気づくことで文章の質を高めることができます。例えば「なんとなく書きたいから書いた」文章は自分よがりな内容になりがち。書いたあとは達成感もあってスッキリするでしょうが、読む人が満足するとは限りません。

読む人の気持ちになるには、文章を書いた後に自分でその文章を読んでみること。それも書いてすぐではなく、数時間、半日、一日など、ある程度時間を置いたほうが効果的です。そのときに「なんだかこの表現はおかしいかも」と気づけばしめたもの。読む人が満足するような加筆や修正を行うことで、文章の完成度が上がっていくでしょう。

何度も書いて経験をつんでいけば「文章を書く力」はどんどんと高まっていきます。最初は何時間も苦労して書いていたような文章も、いずれは数分で書けるようになることもあります。難しさを乗り切るのも良い経験になりますから、ぜひ積極的に文章執筆に挑んでみましょう。