「もっと○○な文章に!」こんなときはリライト記事で

同じような内容ながらも、全く別のサイトを作りたいときに、有効なのが「リライト記事」です。元々の内容をリライトすることで、新しい文章を作り出します。一からネタを作成するより、手軽に新サイトを持てるのが魅力ですね。そんなリライト記事作成の流れを紹介します。

文章の目的……既存サイトのリライト記事作成
特記事項……知識が少ない人にも、わかりやすい文章にしてほしい

リライトと言っても……

一言で「リライト記事」といっても、その内容は様々です。もともとの文章にできるだけ忠実な方が良いのか、大筋の内容だけを参考にして、印象をガラリと変えた方が良いのか……。リライト記事作成の仕事をスタートする前に、非常に悩む点です。ここを間違えると、依頼主の満足度は上がりません。どのような目的でリライトをするのかという点から、理想の出来上がりを推測していきます。今回のケースでは「サイトの内容をよりわかりやすく」ということですから、より多くの人が、親しみやすい雰囲気へと変更します。

リライト記事作成のポイント

リライト記事の依頼で多いのが、「わかりにくいサイトを、わかりやすくしてほしい」というものです。サイトに掲載される文章がどれだけ詳しくても、その内容が難しくては、理解するまで時間がかかります。「最後まで読む」という作業を放棄してしまう方も多いことでしょう。誰が読んでもすぐにわかるようにすることは、非常に重要なポイントだと言えそうです。

私がリライト記事を作成する際には、使用する単語をできるだけ簡単なものにするほか、文章の構成にも気を使います。一文一文をシンプルにするだけでも、印象は大きく変わるもの。書いているときには冷静に判断するのが難しいので、時間を置いたあとに、再度声に出して読み直します。こうすることで、違和感を覚える文章や、理解しづらい文章を探し、訂正していきます。この他、説明が足りない部分があれば、簡潔に文章を加えることも。こうして出来上がった文章を、依頼主が求める文字数に調整して、納品いたします。

大切なのはキーワード!

リライト記事を作成する際に、特に気を付けているのが「キーワード」の選定です。これさえ間違えなければ、文章の構成をどれだけ変更しても、方向性そのものが変わってしまうことはありません。もちろん事前にキーワードを指定していただければ、より希望に近いリライト記事の作成ができることと思います。

リライト記事は、ライターの個性が求められる仕事ではありません。あくまでも、クライアントに求められる文章を納品することが大切! そのために必要な指示があれば、ぜひ細かく伝えていただければと思います。求める雰囲気を言葉にするのは難しいかと思いますが、双方の歩み寄りで、より良いサイトが出来上がれば……と願っています。