いろいろな文章を考える

世の中には実にさまざまな文章があります。それらはいずれも「人に何かを伝える手段」として非常に有効であり、直接言葉を伝えることができない場合に便利です。今回はいろいろな文章の不思議さや魅力に迫ってみましょう。

文章で過去から未来へ物事を伝える

近年は音声や画像、映像などさまざまな方法で物事を未来に伝えることができますが、かつては文字や文章がそれらを担う、貴重な方法のひとつでもありました。今でも大昔に書かれた書物が大事に保管・解読され、当時の様子を知る資料として役立っています。自分の書いた文章も、いずれ自分の知らないところでいろいろな人の目に触れていくかもしれないとなれば、思わずドキドキしてしまいますね。

考えれば考えるほど書けなくなる

いろいろな人の目に触れるとなれば、誰に見られても恥ずかしくない文章を書かなければいけないわけですから、自然と文章の質を高めようという気持ちになるはず。これにより、自身の文章力を鍛えることもできます。

しかしうまく書こうと思えば思うほど、なんだかよくわからなくなってしまい、文章が書けなくなってしまった……という経験をしたことのある人も多いことでしょう。文章を書きなれていないと、考えすぎることでふかみにはまり、書くのが嫌になってしまうこともあるのです。

なかにはいざ書き終えて読み返してみたら内容がわかりづらくなっていて、時間だけがどんどんと過ぎていくということもあります。特にメール本文などではこのケースが多く目立つ傾向に。しかしこれも文章を書くことに慣れれば次第に改善されていきますから、苦手意識を持たずに積極的に取り組んでみると良いでしょう。

SNSの人気で文章はより重要に

ネットの普及により文章の需要は一気に高まりました。しかもブログ記事、コラム記事、ツイッターやフェイスブックなど、求められる文章の幅も広がり、書く楽しさも増えてきています。文章により制約はありますが、それも内容にメリハリをつけるのには最適。画像や映像などではできないことを、ぜひ文章で積極的に表現してみましょう。

文章は誰にでも書けて読めるものがほとんどです。それだけにいろいろなことができ、汎用性も高いのが魅力といえます。普段からいろいろな文章に触れて、文章の良さをたくさん見つけてみましょう。