書くことだけがライターの仕事ではない

ファイル

ライターというからには「書くことが仕事」ですが、書く以外にもすべきことは多くあります。

今回は、ライターがすべき仕事の内容をいくつかご紹介しましょう。

文章を書くための打ち合わせ

ライターは必要とされる文章を書く仕事ですから、仕事をくれる依頼者と打ち合わせをすることで文章の内容、方向性を決める必要があります。

打ち合わせ

これらは執筆をはじめる前の一番初めの作業になるため、避けて通ることはできません。

とはいえなんとなくお酒の場で話が盛り上がって、後日本格的な打ち合わせになった……というようなこともあり、日頃の何気ない会話が仕事のきっかけになることも少なくありません。

特にライターは時事ネタなどを扱うことも多いので、フリーランスとして仕事をしている人ならぜひ積極的に仕事になりそうな接点を持っておくのがいいでしょう。

打ち合わせは直接会って話すもの、メールで完結するものなどさまざまです。仕事の内容によっては非常に綿密な打ち合わせが必要なものもあり、その期間が長期にわたることもあるでしょう。

「文章だけを上手く書けばいい」はNG! ライターに求められている「文章力」以外の必須能力・3つ

2016.04.01

文章に深みが増す「取材」

文章の内容を濃いものにするためには、実際に取材して自身が感じた感想を書いていくと深みが増していきます。

最近多いのがアフィリエイターが売り込もうとしている商品を実際に利用して、その使用感などをまとめる文章です。

メモ

お試しキャンペーンが行われているエステサロンや健康食品の体験談などはよく見られ、口コミで言われている評判はどうなのかなど、リアリティーのある文章が求められます。

こういった文章はライターやアフィリエイターが自主的に行うことですから、先に書いたような打ち合わせはありません。

そのかわり、アフィリエイトをする上での決まり事などを事前に確認しておく必要があります。

ライター業で気を使うこと

2014.12.26

雑学も貴重な仕事の材料

信頼性の高い文章を書くためには、幅広い知識が求められることも。

そのため日頃から情報収集を欠かさず行い、文章のネタとして使えそうなものを書きとめておきましょう。

メモ

自身がよく書くジャンルの最新情報を常にチェックして記事にすれば、あなたの文章に期待するユーザーも着実に増えていきます。

地味な作業ではありますが、自分にとってもメリットが大きく、長くライターを続けていく上で非常に貴重な経験となることでしょう。

ライターが文章を書く作業は最終段階であり、それより先にすべきことをしっかり行うことでより良い記事が書けるようになります。

文章が安っぽいものになりがちという人は、ぜひこれら事前作業に力を入れてみましょう。